バレーでのジャンプ力強化

バレーでジャンプ力を強化するには

バレーボールをもっとうまくできるようになりたい…と思うのであれば、技の習得だけでなく、身体能力の強化も必要になってきます。特にジャンプ力を強化することは、バレーボールでは大変重要なことです。では、バレーボールの練習の中でどのようなトレーニングを取り入れれば、ジャンプ力の強化につながるのでしょうか。

 

効果的な練習方法のひとつとして、縄跳びが挙げられます。縄跳びであれば、コートに限らず、自宅や近所の公園などでも手軽にすることができますね。ジャンプ力を高めるためには普通に飛ぶのではなく、二重跳びや三重跳びを繰り返し、なるべく長い時間ジャンプしていられるようにするのが効果的です。

 

そしてやはり、日々のバレーボールの練習で、ジャンプの数をこなすことも効果的です。実際に、ネット越しでブロックジャンプやスパイクジャンプを繰り返すことで、ジャンプに必要な様々な筋肉を総合的に鍛えることができるのです。筋トレの合間にも、ぜひこのようなジャンプトレーニングを取り入れてみてください。

バレーのジャンプ力の強化には助走も大切

バレーボールでジャンプ力を強化するためには、日々のトレーニングの中でジャンプ、縄跳び、スクワットなどを行うのが効果的と言われます。このようなトレーニングを行うことで、バレーボールでのジャンプ力の強化に必要な筋肉が鍛えられるからです。

 

しかし、もうひとつのジャンプ力強化の方法として忘れてはいけないのが、「助走力」の強化です。勢いのある助走をすることで、より高いジャンプをすることができるからです。そこで今回は、助走力を鍛える練習方法をご紹介していきます。

 

助走力を鍛えるにはやはりダッシュを繰り返すことが効果的ですが、バレーボールの場合は1〜3歩程度の短い助走で高くジャンプすることが要求されてきますので、短い間隔のダッシュを繰り返して瞬発力を鍛えるようにするとよいでしょう。

 

また、高くジャンプするために大切なのが、平行方向に向けられた助走の力を、ジャンプする垂直方向にもっていくことです。これが効率的に行われないと、せっかくの助走のエネルギーが無駄になってしまいます。ですから、短い助走のあとに垂直ジャンプすることを繰り返すトレーニングも、あわせて行うとよいでしょう。

サイトメニュー