バレーのスパイク力を強化する

バレーでスパイク力を強化するには

バレーボールで、重要な得点源となるスパイク。そのスパイクの成功率を高めるには、やはりスパイク力を強化することが欠かせません。では、バレーボールでスパイク力を強化するにはどのような練習やトレーニングを取り入れるのがよいのでしょうか。

 

まず必要なのは腕力を鍛えることです。それには腕立て伏せを行うのが効果的ですが、過度に行うと腰に負担がかかってしまうのが難点です。そのため、膝をついたり壁に向かって腕立て伏せを行ったりするとよいでしょう。

 

また、ジャンプ力をつけるためにも下半身の筋力を鍛えた方がよいでしょう。スクワットや縄跳びをすると効果的です。

 

そして腕力や下半身以外にも、腹筋、背筋の強化を総合的に行うことで、スパイク力はさらに向上します。バレーボールの指導者に相談したり専門の書籍を見たりして、これらを強化する自分に合ったトレーニング方法を見つけるとよいでしょう。

バレーのスパイク力の強化に繋がる瞬発力・持久力

バレーボールでスパイク力を高めるには、腕力だけではなく、下半身の筋力、腹筋、背筋、などの総合的な筋力の強化が必要となってきます。しかしそれ以外に見落としがちなのが、瞬発力や持久力です。瞬発力や持久力を強化することで、さらなるスパイク力の向上に繋がります。

 

瞬発力が高まれば、バレーボールでジャンプをするとき、そしてスパイクを打つときにより大きな力を出すことができます。瞬発力の強化には、プライオメトリクス(プライオメトリックトレーニング)が効果的と言われています。プライオメトリクスには、ボックスを飛び降りするボックスジャンプ、ボックスの左右を飛ぶラテラルボックスジャンプなどがあります。詳しく知りたい方は専門の書籍やインターネットで情報を得るとよいでしょう。

 

また持久力の強化を行えば、バレーボールで数をこなす必要があるスパイクで、大きな助けとなります。無理のない範囲でランニング等を続けることで、持久力は強化されます。

 

スパイク力を高めるために、ぜひ上述したようなトレーニング方法も取り入れてみてください。

サイトメニュー