クイックスパイクのコツ

クイックスパイクを決めるコツ

バレーボールでは、力をためて打つのがスパイクだけではありません。できるだけ時間をかけずに打つ「クイックスパイク」という攻撃方法もあるのです。

 

クイックスパイクとは、文字通り早くスパイクを打つことです。味方のセッターが低いトスを出し、そのトスしたボールがネットの上を越え次第、スパイクを打ち込むのです。早く打ち込む分威力は望めませんが、乱れた相手チームの体制が整う前にこのクイックスパイクを出すと、得点にもつながりやすいのです。

 

クイックスパイクを成功させるコツは、スパイクをする際の一挙一同を、できるだけ簡略化することです。余計な動作は省き、必要最低限の動作で相手チームのコートに打ち込めるようにしましょう。もちろんスパイクに至るまでの助走や跳躍も簡略化し、スピード重視で行うことがコツです。

 

またクイックスパイクを打ち込む場所はA、B、C、Dとありますが、その場所ごとにクイックスパイクのフォームを調整していくと、さらに洗練された動作で素早くスパイクを打ち込むことができるでしょう。

 

このようなコツを意識しながら、クイックスパイクの練習を重ねてみてください。

クイックスパイクのコツをトスから考える

バレーボールで、相手チームの体制が整う前に素早い攻撃を行う「クイックスパイク」。このクイックスパイクを成功させるには、トスを打ち上げるセッターの協力が必要不可欠です。というのも、セッターが素早く打ちやすいクイックトスを出すことで、クイックパスもより早く確実に決めることができるのです。今回は、セッターが出すクイックトスのコツを、A、B、C、Dの場所ごとにご紹介していきます。

 

まずA・Cクイックトスですが、セッターがボールをトスする場所は斜め上方向です。高くトスを上げる必要はありませんので、スパイカーとのタイミングを合わせて、低く素早くトスを上げるのがコツです。

 

次にB・Dクイックトスですが、セッターの場所から2、3メートル先を狙ってトスします。B・Dは距離があるため、上というよりも横方向に素早くトスするのがコツです。

 

C・Dクイックトスはセッターの背面に向けてトスをあげるため、コツをつかむまで時間がかかるかもしれません。しかし、習得すれば多方向からクイックスパイクを打つことができ、多彩な攻撃が可能となりますので、ぜひ習得されることをおすすめします。

サイトメニュー