バックアタックのコツ

バレーでバックアタックを決めるコツ

バレーボールのスパイクといえば、コート前方からネット越しに打ち込むイメージを思い描く方は多いのではないでしょうか。

 

しかし、スパイクをするのは前方からばかりではありません。コートの後方からスパイクをすることを「バックアタック」といい、相手チームの意表をついたり、スパイカーが前方にいなかったり、トスしたボールが前まで届かなかったときなどに役に立つ攻撃方法です。

 

バックアタックは、コート内の「アタックライン」と呼ばれる線を越えたり踏んだりしなければ行うことができます。またバックアタックを成功させるコツとしては、後方からスパイクを打つため、ネットにかからないように高めに、そして相手コートのエンドラインを狙って打つことです。しかし意識しすぎて高くスパイクを打ち、アウトラインを超えてしまってはせっかくのバックアタックも失敗してしまいます。そんなときは、ドライブ回転をかけて打つのがよいでしょう(ドライブをかけることでボールが下に落ちやすくなるため)。

 

これらのコツ以外にも、バックアタックの成功率を高めることができるコツはいろいろありますので、興味のある方はインターネットや書籍で調べてみるとよいでしょう。

バックアタックで反則しないコツ

"バレーボールでバックアタックをする際、やはり気になるのがアタックラインではないでしょうか。

 

後衛の人がスパイクを打つ際、このアタックラインを越えたり踏んだりすると反則になってしまいますから、できるだけこのラインには近付きたくないところです。しかしラインぎりぎりまで近付いてスパイクを打った方が、当然威力も大きくなりますし、相手コートへの狙いも定めやすくなります。そこで今回は、バックアタックをする際にアタックラインを越えないコツについてご紹介していきます。

 

まずトスをあげる位置をある程度決めてしまうのがコツです。目安としては、コートのアタックラインとセンターラインの間にあげるとよいでしょう。ある程度トスがあがる位置が決まってしまえば、その位置からスパイクを打つ練習をすれば、いざ実践となったときもアタックラインも越えずにバックアタックを決めやすくなります。

 

またもうひとつのコツは、バックアタックでジャンプする際、前方にジャンプするというよりは上方めがけてジャンプするように意識することです。そうすれば、アタックラインのことを気にせずに思いきりスパイクを打つことができることでしょう。

サイトメニュー