スパイク時のフェイントのかけ方

バレーのスパイクでフェイントをかける方法

バレーボールでスパイクを打つ際、相手をあざむくようなかたちで打つことを「フェイント」といいます。

 

例えばどのようなことかというと、強烈なスパイクを打ち込む…と見せかけて、実際は軽くボールを触れて相手のコートに入れるだけ、というようなものです。また、相手コートの左方向にスパイクを打ち込む…と思いきや、実は右方向にあるスペースにスパイクを打ち込んで、相手を翻弄させるということもフェイントになります。

 

バレーボールでフェイントを成功させる方法としては、とにかくボールを打つギリギリまで、本気でスパイクを打ち込むそぶりを見せることです。途中でフェイントをするそぶりが見えてしまうと、相手チームに気取られて失敗してしまうからです。

 

目線に関しても同様で、スパイクを打ち込む場所をあざむく場合は、本当に打ち込みたい場所には目線を移さず、あくまでギリギリまでフェイントをかける方向を見ることが大切です。

 

フェイントをかけたスパイクが得点につながったときは、とても気持ちがいいものです。バレーボールでスパイクを打つことに慣れてきたら、ぜひフェイントも習得してみましょう。

バレーのスパイクでフェイントをかける機会

バレーボールでスパイクを打つ際、相手を惑わすのに効果的なフェイント。ではこのフェイント、バレーボールではいつどのような機会で仕掛けるのがよいのでしょうか。

 

おすすめなのは、自分たちのチームが得点を連続で出しているときなど、勢いに乗っているとき。または相手のチームワークが乱れ気味なときです。相手チームが動揺しているところにフェイントでスパイクを打ち込むことで成功率も高くなり、さらに心理的に追い打ちをかけられるからです。

 

あるいは、バレーボールの試合の前半では真っ向から攻めていって、後半のここぞというときにフェイントをかけるのもよいでしょう。相手が油断したときにかけるスパイクのフェイントほど、効果的なものはありません。

 

いずれにも共通しているのは、頻繁にフェイントを仕掛けすぎないこと。回数が多くてはフェイントの意味もなく、かえって警戒されて逆効果になってしまうこともありますので、タイミングは慎重に見計らった方がよいでしょう。

サイトメニュー