バレースパイクのドライブのかけ方

バレーのスパイクでドライブをかける

バレーボールのスパイクに「ドライブ」をかけると効果的…という話を聞きますが、このドライブとはどんなものでしょうか。

 

ドライブとはドライブ回転のことで、スパイクを打つ際にボールに回転をかけることです。回転がかかったボールはスピードが速く感じられます。また、下にも落ちやすくなるため、よりコートにボールが入りやすくなるのです。そのため、アウトラインぎりぎりを狙ったスパイクを打つ際にも役に立つ技なのです。

 

このようにスパイクでかけるドライブは非常に効果的なものなのですが、バレーボール初心者にとっては習得するのがなかなか難しい…というデメリットがあります。

 

ドライブを覚えるには、やはりある程度慣れが必要です。壁に向かって何度もスパイクを打つ練習をしましょう。練習の際は、手首のスナップをきかせて、バレーボールをこすりあげるように打つことを意識してみてください。ひとりで練習をしてもコツがつかめない場合は、指導者の意見をあおいだり、仲間に打つ時のフォームを見てもらったりするとよいでしょう。

バレーのスパイクでドライブをかけるコツ

バレーボールの練習を重ねてみたけど、どうしてもスパイクにドライブ回転をかけられない…と行き詰ってしまう方は多いのではないでしょうか。そこで今回は、スパイクにドライブをかけるためのポイントをいくつかご紹介していきます。

 

ドライブをかけるのにまず重要なのは、手首のスナップをきかせることです。手首をしなやかに動かしてスパイクを打つようにしてみましょう。ガチガチに固まった手では回転がかかりません。また、ボールの最上部に手の指先が当たるように打ちこんでみましょう。その際、腕は最後まで振りぬくようにしてみてください。さらに肘は、スパイクの前に可能な限り後ろに引き、打つときに思いきり前に出すようにしてみてください。この肘の反動で、さらに回転がかかりやすくなるでしょう。

 

あとは、上述したことを意識して、バレーボールの練習あるのみです。また、イメージをつかむために、動画サイトやTVで放送されているバレーボールのプロの試合を見て、手や体の動きを参考にするのもよいでしょう。

サイトメニュー