スパイクコースの決め方

バレーのスパイクコースについて

バレーボールで、得点に繋がりやすいスパイク。ただ、どんなに優れたスパイクであっても、スパイクコースをよく考えて打たないと、相手に返されてしまいます。では、どのようにスパイクコースを判断していけばよいのでしょうか。

 

基本的には、相手チームの守りが弱い場所を狙うようにするとよいでしょう。そのため、相手チームのポジショニングを観察し、どこが弱くなることが多いのかを探ることも大切になってきます。

 

また、バレーボールのスパイクの方法には、まっすぐに打つ「ストレートスパイク」と、自分が助走した方向と逆の方に斜め打ちする「クロススパイク」があります。相手チームの弱い場所を狙うことと合わせて、この2種類のスパイクをうまく使うことが勝利を握るカギとなってきます。

 

例えば、思うようなスパイクコースが見つからない状況のときは、ストレートスパイクでまっすぐ攻めると見せかけて斜めに打ち込むというようなフェイントを使えば、相手チームのコートに隙をつくり、スパイクも決めやすくなることでしょう。バレーボールのプレイに慣れてきたら、このような小技も駆使し、得点につながるスパイクコースを見つけ出していきましょう。

バレーのスパイクコースは臨機応変に変える

"バレーボールのスパイクというとまず思い浮かぶのは、垂直に打ち下ろすスパイクではないでしょうか。このような短距離のスパイクコースを狙ったスパイクは、見た目も気持ちが良く威力もあるのですが、相手チームに隙がないとなかなか決めるのは難しいかもしれません。

 

バレーボールで得点をあげていくには、このような短距離のスパイクコースだけでなく、アウトラインぎりぎりの方まで攻める長距離のスパイクコースも狙っていくことが大切です。

 

長距離になる分、確かにスパイクの威力は落ちますが、アウトラインぎりぎりを狙うことで、ボールを返される可能性も低くなります。また、万が一ボールをレシーブされてしまったとしても、そこから体制を持ちなおして鋭いスパイクを返すのは難しいことでしょう。

 

このようにバレーボールでは、相手の状況を見ながら、短距離と長距離のスパイクコースを臨機応変に切り替えて攻めていくことで、効果的に得点をあげていくことができます。

サイトメニュー