バレーボールのレシーブ練習

バレーボールにおけるレシーブ練習

"バレーボールの中で、非常に重要な役割をもつのが「レシーブ」です。バレーボールでレシーブが取れなければ失点となってしまいますし、取れたとしても思うようなポイントにボールが飛ばなければ、その後の体制も崩れ、相手チームへの十分な攻撃ができないからです。今回は、このレシーブ練習をどのように行えばいいかお話ししていきます。

 

バレーボールのレシーブは、まずボールの下に素早く回り込んで打つことが必要です。そのため、脚力や瞬発力を鍛えるトレーニングを行いましょう。短いダッシュ、ランニング、反復横とびなどが効果的です。もちろん実践も大事なので、ドライブ回転がかかったサーブ、高い位置のスパイク、低く強力なスパイク…などのさまざまな状況でレシーブ練習を行いましょう。

 

そして次に、受けたボールを的確な場所に打ち上げるコントロール力をつけることも大切になってきます。こちらもやはり実践のレシーブ練習が必要になってきます。実践で数を重ね、腰の落とし具合、体の向き、手の平や手首の向け具合…などを調整していきましょう。

サイトメニュー