バレーボールのサーブレシーブ

バレーボールのサーブレシーブについて

バレーボールで、相手チームからサーブという最初の攻撃があり、それをまず受けることを「サーブレシーブ」といいます。このサーブレシーブができなければ失点となってしまいますし、うまくいけばその後に返す攻撃も有利になる…というように、バレーボールにおいて戦局を左右する大事なレシーブとなります。今回は、このサーブレシーブのポイントについてお話ししていきます。

 

第一にサーブレシーブで大切なのは、ボールをしっかりよく見て、瞬時にレシーブするための最適な場所に移動することです。それにはやはり瞬発力をつけ、実際にサーブレシーブを繰り返して慣れていくことが必要となってきます。

 

第二に、メンタル面を鍛えることです。サーブレシーブの行為自体は、実は決して難しいものではありません。しかし冒頭でも述べたように、バレーボールでは戦局を左右する大事なレシーブですから、どうしても「うまくとらなければ」というプレッシャーがかかってきてしまいます。そのプレッシャーに負けないよう、イメージトレーニングを行ったり、日々の練習の中にサーブレシーブのトレーニングも取り入れたりして、自信をつけていくとよいでしょう。

サイトメニュー