オーバーハンドレシーブ

バレーのオーバーハンドレシーブについて

バレーボールのレシーブの中に、「オーバーハンドレシーブ」というものがあります。

 

オーバーハンドレシーブは、相手からきた強力なサーブやスパイクを受け、ボールを上にあげて次につなぐレシーブです。そこで高く上がったボールはそのままスパイクすることもできますので、もし味方チームがブロックをしてボールに1回触ってしまったとしても、オーバーハンドレシーブがうまくいけばその後攻めていくことも可能です。

 

オーバーハンドレシーブのフォームですが、腰を落とし、頭上にかざした両手で三角おにぎりのかたちをつくるところなどは、オーバーハンドパスと似ています。しかし、オーバーハンドレシーブの場合は威力のあるボールをレシーブすることになりますので、オーバーハンドパスのようにやさしくボールを受け止めるのではなく、手のひらで弾くようにレシーブをします。

 

強力なボールをレシーブすることから、手首や指を痛めやすいのですが、このレシーブを習得すればチームにとってかなり強力な助けとなりますので、ぜひ指導者の元で練習を行ってみてください。

サイトメニュー