アンダーハンドパスのコツ

バレーのアンダーハンドパスのコツ

バレーボールの代表的なパスとして、オーバーハンドパスとアンダーハンドパスの2つが挙げられます。今回はアンダーハンドパスのコツや練習方法についてお話ししていきましょう。

 

アンダーハンドパスは主に、相手チームからの強い球を受けるとき、ボールを低めの位置で受けるときに使います。アンダーハンドパスをする際のコツですが、まず両腕をしっかり前方に伸ばして構えること。そのとき、片方の手でもう一方の手を包むように握り、親指を合わせます。オーバーハンドパスと同様に、腰は落としておくのもコツです。

 

ボールがきたら、低い位置で、両手首のあたりで受けて弾きます。基本的にボールをはじくときは、なるべく腕は大きく振らないようにした方がよいでしょう。

 

アンダーハンドパスですが、コントロールが比較的難しいため、慣れるまではしっかり練習を行うことをおすすめします。アンダーハンドパスの場合は、やはり2人で向き合ってパスを打ちあうと練習しやすいです。相手がとりやすい位置にパスを出せるよう、意識しながら練習を行いましょう。

サイトメニュー