オーバーハンドパスのコツ

バレーのオーバーハンドパスのコツ

バレーボールの代表的なパスには、オーバーハンドパスとアンダーハンドパスの2種類ありますが、今回はオーバーハンドパスのコツや練習方法についてお話ししていきます。

 

オーバーハンドパスは、文字どおり手を上にかざして受けるパスです。主に、高いボールを受けるとき、そしてパスを出す際に使います。

 

そしてオーバーハンドパスをする際のコツですが、まず両手の親指と人差し指で三角おにぎりのかたちをつくり、頭の上で構えます。構えているときはひざを軽く曲げ、腰もしっかり落としておくのもコツです。ボールがきたら、構えた手の指と手首の部分でとらえ、体を伸ばして押し上げるようにボールを上げましょう。

 

オーバーハンドパスは、頭上にパスを出し続ければ一人でも練習を行うことができますので、安定したパスを出せるようになるまで繰り返し練習をするとよいでしょう。それに慣れてきたら、複数のメンバーでパスを出し合ってみることをおすすめします。複数のメンバーでオーバーハンドパスの練習をするときは、相手が取りやすい位置にパスを出すように意識してみるとよいでしょう。

サイトメニュー