パス・レシーブのポイント

バレーにおけるパス・レシーブのポイント

バレーボールで大切なのは、スパイクやサーブなどの攻撃ばかりではありません。相手チームからきたボールを受けて失点を防ぎ、再び攻撃へと繋ぐまでのパス・レシーブも、非常に重要な役割があります。今回は、このパス・レシーブのポイントについていくつかお話ししていきましょう。

 

まず1つ目のパス・レシーブのポイントですが、相手チームの攻撃をよく見て、ボールを打ってくるポイントやタイミングを予測することです。試合中も、よく狙われるポイントや、ブロッカーやスパイカーの攻撃の傾向や癖を観察しておけば、その後のパス・レシーブもうまくいきやすくなることでしょう。

 

そして2つ目のポイントは、腰を落としてボールを受けることです。腰を落とすことで、体全体でボールを無理なく受け止めることができるからです。

 

3つ目のポイントですが、やはり次に繋ぐチームメンバーが打ちやすいようなボールを出してあげるように努めることです。よいボールを出すことで、強力な攻撃に繋がるからです。

 

このようなパス・レシーブのポイントを意識しながら、バレーボールの練習に取り組んでいくとよいでしょう。

サイトメニュー