サイドハンドサーブ

バレーのサイドハンドサーブについて

バレーボールのサーブで、初心者や筋力が低めの方におすすめしたいのが、「サイドハンドサーブ」です。サイドハンドサーブは、体をコートに向かって横に向け、体を回転させる力でボールを打ち込むので、非力な方や、まだ筋肉が発達途中の小学生などでも無理なく打つことができるのです。また、比較的安定したフォームですので、コートにも入れやすく安定したサーブと言えます。

 

サイドハンドサーブの打ち方ですが、まずまずコートに対して横向きに構えます。そして、ボールを持つ手をまっすぐに伸ばし、ボールが首〜顔くらいの高さまでくるようにします。打つ方の手は握って後ろに引き、トスを短くあげたら、手首より上の、手のひらの厚い部分でボールを打ちます。打つときは、体を回転させ、体重を前方にかけてボールを打ちましょう。

 

サイドハンドサーブの構えや打ち方は、ややドライブサーブと似ているところがあります。そのためサイドハンドサーブに慣れてきたり、バレーボールに使う筋肉がついてきたりしたら、勢いがつくドライブサーブに挑戦してみるのもよいかもしれませんね。

サイトメニュー