フローターサーブ

バレーのフローターサーブについて

バレーボールのサーブにはいろいろな種類がありますが、初心者でもやりやすいサーブのひとつに「フローターサーブ」があります。

 

フローターサーブは回転をかけないサーブで、文字通りふわふわと浮いたような状態で相手コートに届きます。勢いは強くありませんが、このように浮いたような状態なので、相手チームとしては取りづらいサーブです。またサーブの際ジャンプをしないため、コントロールもしやすく、力をあまり使わなくても打てるというメリットがあります。

 

フローターサーブの打ち方ですが、まず、コートの正面方向に向けて片足を前に出します。そして、1メートルほどの高さで真上にトスを上げ、打つ手をうしろに引きます。そして打つ際はひじを伸ばし、瞬間的に力を込めて、手のひらや手首で打ちます(全体的に力を込めて打つと、回転がかかってしまうため)。

 

ポイントとしては、トスは短めに上げることと、ボールの中心を狙って打ち込むようにすることを意識するとよいでしょう。

サイトメニュー