天井サーブ

バレーの天井サーブについて

バレーボールのサーブの中でも、勢いがよく得点にも繋がりやすいのが「天井サーブ」です。

 

天井サーブはどのように打つかというと、アンダーハンドでボールを垂直方向に高く打ち上げ、落下してきたボールを相手コートに打ち込みます。文字通り、天井近くまでボールを高く打ち上げるわけです。アンダーハンドサーブがある程度上手にコントロールできるようになってきたら、ぜひ天井サーブを練習してみるとよいでしょう。

 

天井サーブのポイントとしては、できるだけ高く打ち上げることです。高く打ち上げることで、相手チームはレシーブするタイミングが掴みづらくなるからです。とはいっても、高く上げすぎて天井にボールが当たってしまうと、相手チームの得点となってしまいますので気をつけましょう。

 

また、落下してきたボールを打つ際は、膝の屈伸を十分に行い、伸びあがるようにジャンプをして打ちましょう。そうすることで、サーブの威力もより高まることでしょう。

サイトメニュー