アンダーハンドサーブ

バレーのアンダーハンドサーブについて

バレーボールのサーブの中でも、初心者が比較的覚えやすいのが「アンダーハンドサーブ」です。

 

アンダーハンドサーブは、文字通りボールを下から打ちます。ダイナミックな動きもなく威力もそこまで期待できるものではありませんが、その分安定性はよく、確実に相手コート内にボールを打ち込みたいときにはおすすめのサーブです。

 

また、このサーブはシンプルなフォームなので、初心者も覚えやすいという特徴があります。バレーボールをこれからはじめるという方は、まずはアンダーハンドサーブから練習することをおすすめします。

 

フォームですが、まずボールを持った方の手と同じ方の足(右手なら右足)を前に出します。腰を落とし、空いている方の手を後ろに引いたあと、手を前方に振ってボールの下側を打ちます。ボールに当てる方の手は握っておき、指ではなく手首の部分がボールに当たるようにします。

 

実際のフォームやサーブの動きは、動画サイトなどで見ることができますので、そちらもご覧になってみることをおすすめします。

サイトメニュー